1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

或る日突然スポーツに目覚めたインドア系男子のスポーツ時々インドア日記


プロフィール

jiyan

Author:jiyan
インドアをこよなく愛していたのに、いつの間にかジョギング、飛込み、水泳…な日々。目標は、フルマラソン完走、飛込み大会出場?!

最近のトラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
6977位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1930位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

16

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

ブタがいた教室
感動しました。途中、何度泪がこぼれたことか。「Pちゃん(ブタ)を食べるか、食べないか」の話し合いは、台本真っ白で、すべて子供たちが自分の言葉で語ったものだそう。映画というより、ドキュメンタリーを観ているかのように思えました。

自分だったらどうだろうと置き換えてみる。今なら、命はいただくもの、だから食べてあげるのがPちゃんのためにもなるんだよ、という結論になるんじゃないかと思う。けど、もし自分が小学生だったら、こんなに簡単に結論付けられるだろうか。いや、今でも実際にPちゃんを育てていたとしたら、同じ結論を出せるか、自信がない。

「どちらが正しいとか、間違っているかを決めるんじゃなくて、みんなの意見を聞きたいんだ」と、自分で答えを決めない教師。でも、教師が答えを予め決めなかったからこそ、生徒たちが真剣に問題に向き合えた、という校長先生の言葉には大賛成。

久しぶりにいい映画に出会いました。

テーマ : 考えさせられた映画    ジャンル : 映画

Comments

そうそう。
これ見たかったんだよねー。いいなー。

中国の生活もいい加減慣れたけど、日本の映画をリアルタイムで見られないのだけは、やっぱり慣れない。。。

>ジウさん
でも、ボクからすると、中国の映画をリアルタイムで観られないのだって、不便です。
『ブタがいた教室』は、ジウさん、泣きますよ。オススメです。

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。