1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

或る日突然スポーツに目覚めたインドア系男子のスポーツ時々インドア日記


プロフィール

jiyan

Author:jiyan
インドアをこよなく愛していたのに、いつの間にかジョギング、飛込み、水泳…な日々。目標は、フルマラソン完走、飛込み大会出場?!

最近のトラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
7032位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1964位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

01

Category:

Tags: ---

Comment: 2  Trackback: 0

217.9km
081201.jpg
またまた小説に泣かされてしまいました。

堂場瞬一『チーム』

箱根駅伝の予選会で大学チームとしては敗れたものの、タイム上位の選手で結成された「学連選抜」というチームのお話。つまり大学がバラバラなわけです。そういうチームが箱根駅伝を走っているということ自体、三浦しをん『風が強く吹いている』を読んで初めて知りました。

『風が強く吹いている』がすべてのキャラを立たせて、そのキャラを話の軸に据えているとすれば、『チーム』は駅伝という競技の本質に迫り、レースの技術的側面を精緻に描写しているという感じでしょうか。でも、ラストは人間的なドラマなんですよ、これが。で、泪、泪、泪なわけです。

いやー、来年の箱根駅伝、やっぱりビデオに録画しようかな。身体がウズウズしてきた。走りたい。

テーマ : オススメの本の紹介    ジャンル : 本・雑誌

Comments

 不思議なことに箱根駅伝も実業団駅伝もわたしは割りと見てるんですよね。実業団駅伝は群馬だし。ついでに大学ラグビーも見ます。お茶の間スポーツマン(正月限定)ですな。

 ところで、ここのブログは白地の方がなんとなくふさわしい気がします。
>けいさん
あー、実業団駅伝。正月に前橋の親戚の家に行くと、いつもテレビでやってました。当時は、なんでこんなの観てんだよ、かくし芸大会観ようよなんて思ってたけど、今はただひたすらテレビにかじりついて観戦したい(笑)
じゃ、このテンプレートでいいわけですね?

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。