1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

或る日突然スポーツに目覚めたインドア系男子のスポーツ時々インドア日記


プロフィール

jiyan

Author:jiyan
インドアをこよなく愛していたのに、いつの間にかジョギング、飛込み、水泳…な日々。目標は、フルマラソン完走、飛込み大会出場?!

最近のトラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
4203位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1208位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

生き生きとしゃべる
中→日通訳の最後のレッスン。

今回のレッスンは放送通訳の訓練ということで、以前使った教材と初見の教材を織り交ぜながら、自分で大体の読み上げ原稿を作って訳出しました。もうこなると逐次通訳というより、同時通訳に近くなります。以前使った教材は、内容が分かっているので、元音声を追いかけるのもそんなに苦しくはないけど、初見の教材になるとかなり大変。その上、その初見の教材がCCTVの新聞聨播だったもんだから、速いのなんのって…。

でもまぁ、こういうのは嫌いじゃないです。小難しい学術用語がたくさん出てくる講演会なんかよりは、よっぽど楽しんで訳出できます。

放送通訳に限ったことではないんだけど、通訳にとって、生き生きと話すことが何よりも重要というのが、中→日通訳担当の先生がよく言われること。聞く立場になるとよく分かります。ボソボソと陰気に話す通訳なんて、イヤですよね?そういうことです。だから、ボクはレッスンのときはできるだけテンション上げてます。まぁ、TPOが重要ですけどね。厳かな場面でのハイテンションな通訳なんて、迷惑以外の何者でもないわけで。

さて、中→日通訳は残すところラストの試験のみ。まぁ、平常点が良さそうだから、あんまり心配してないんだけどね。

テーマ : 中国語    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。