1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
  06 ,2017

或る日突然スポーツに目覚めたインドア系男子のスポーツ時々インドア日記


プロフィール

jiyan

Author:jiyan
インドアをこよなく愛していたのに、いつの間にかジョギング、飛込み、水泳…な日々。目標は、フルマラソン完走、飛込み大会出場?!

最近のトラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
6825位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1847位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

24

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

落ち着いて!
中→日通訳の1回目のレッスンでした。

といっても、自己紹介、通訳訓練を受けるきっかけ、理想の通訳像などをA4・1枚程度にまとめて、中国語で発表するという前回とほぼ同じ内容でした。他の人の発表を中→日に逐次通訳する点は違いましたけど。スピーチと逐次通訳の様子を録画したので見てみたんですが…逐次は日本語なのでまぁいいとして、スピーチの中国語が焦りすぎ!自分では焦っているつもりはないんだけど、客観的に聴くと、何をそんなに急いでるんですか?と質問したくなるようなスピードで話していました。結果、非常に聴き取るのが困難なデリバリーになってしまっています。

通訳たるもの、訳出の正確性は勿論必要ですが、デリバリーも同じくらい重要なんだと実感したレッスンでした。反省。

レッスン終了後、早稲田大学で同時通訳付のシンポジウムに参加。後半のフリーディスカッションでは、同通ブースのすぐ横に陣取って、通訳者の方々の一挙手一投足を観察(迷惑)。2人1組で15分ずつくらいで交代しながら訳出していましたが、これが3時間も続くとかなりしんどそう。自分が同時通訳する立場になったら…まず話者のスピードに追いつけないでしょう。訳語についても、通訳者の姿勢を学ぶ上でも勉強になりました。これからも、通訳付のイベントがあったら、出かけてみます。

テーマ : 中国語    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。