1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

或る日突然スポーツに目覚めたインドア系男子のスポーツ時々インドア日記


プロフィール

jiyan

Author:jiyan
インドアをこよなく愛していたのに、いつの間にかジョギング、飛込み、水泳…な日々。目標は、フルマラソン完走、飛込み大会出場?!

最近のトラックバック
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
5359位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
1516位
アクセスランキングを見る>>
Translation(自動翻訳) 縦型エキサイト版
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
--

Category: スポンサー広告

Tags: ---

 

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12

Category:

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

1のアウトプットには10のインプットが必要
日→中通訳の4回目のレッスン。

まず、前回のシンポジウムの講演をもう1回同通してから、訳文を推敲することになりました。老師からは、シンポジウムのような場では、格調高い訳文になるよう心がけることという指導が。例えば、

>(レシーバーの)音が聞こえにくくなる:影響收聽效果
>人類は殺戮と破壊に明け暮れた:人類飽經摧殘與蹂躪
>恐るべき効果:慘絕人寰
>そのままにほったらかす:束之高閣
>(国籍、民族、宗教の)差:隔閡
>安心して生きていける:安居樂業
>被害に遭った:遇難
>謹んでお悔やみ申し上げます:表示衷心的慰問
>容易なこと:易如反掌
>あるべき姿:应有的姿态
>平和の大切さ:和平的來之不易
>地道な取り組み:腳踏實地
>植民地化された:淪為殖民地
>自分でできること:力所能及
>未来像:藍圖/願景

まぁ、つまるところ、成語を適度に織り交ぜましょうということなんだけど、ある中国語ネイティブの同学からは、「同通の場合、聞いてすぐにこういう訳語を訳出するのは難しいのでは」というもっともな疑問が。それはそのとおりだと思うけど、結局、常に訳語をブラッシュアップしておいて、いつでも自分の引き出しから出せるようにしておくということなんでしょう。

後半は、あるシンポジウムのサイトラと同通。もともと中国語の原稿を日本語に訳したものを、サイトラで日→中訳したので、わりと訳しやすかったかな。サイトラに慣れてきたからかもしれないけど。同通は、相変わらず原稿がないと、聴き取れません…。基礎訓練(カウントダウン)も三日坊主になってるし。ダメですねぇ。

テーマ : 中国語    ジャンル : 学問・文化・芸術

Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。